表紙 
協会認定資格 
      ◇介護食士とは 
         介護食士への道 講習会   介護食士講習会開講施設
         講習会受講資格       活躍の場
         介護食士友の会       資格取得者数推移
         講習会受講内容       講習会受講の様子
         受講者の声         介護食士Q&A
         介護食士事業推進委員会のページ
         介護食士事業関連規程のページ(作成準備中)


 
 介護食士は、内閣総理大臣認定(公社)全国調理職業訓練協会が、介護に携わる方たちの調理技術を向上させる目的で設けた認定資格制度で、公益事業として認定されています。
 要介護者にとって介護食は、生きていくためになくてはならないものです。従って、介護食に関する知識は、ホームヘルパーや栄養士、調理師、介護福祉士など、介護関係の仕事に携わる方に人気があり、年間約3,500人もの有資格者を輩出しています。
 介護食士は、要介護者向けの食事が提供できる専門知識を学んだ人に与えられる資格です。資格には1級から3級まであります。
 現在、協会では、介護食士の資格取得を希望する方のために、協会の認定施設において、介護食士講習会を開講しています。特に、3級の講習会は、介護食の基礎知識を取得できるので、介護食に興味がある方など、一般の方も数多く受講しています。
 講習会の講習時間は、3級でも72時間ととても内容が濃く、経験豊富な講師陣から直接、受講することができます。

 詳しい説明を知りたい方は、目次で、それぞれの項目をお調べ下さい。
  
著作権者/公益社団法人全国調理職業訓練協会  許可なく転載してはいけません。